会社案内

沿革

大正7年1月
和歌山県有田市港町(当時は有田郡箕島町北湊)において、長尾亀松の個人経営のもとに、和歌山県有田地方の特産品である除虫菊(蚊取り線香)の付属容器および立金の製造を開始。
昭和2年1月
長尾政信が代表者に就任。
昭和4年3月
18リットル缶製造設備を設置(関西地方最初の天地巻締め式によるブリキ缶製造設備)。
昭和20年~28年
ブリキ板の極端な減産により、紙製の代用缶を開発して生産を継続。
昭和28年12月
各種小型缶および丸缶製造設備を増設。
昭和38年6月
社名を株式会社長尾製缶所に改称(資本金1,000万円)。
代表取締役社長に長尾信和が就任。
昭和42年1月
東京連絡所を開設。
昭和42年7月
資本金2,000万円に増資。
昭和43年3月
千葉工場を建設、各種中小型ドラム缶製造設備を設置。
昭和47年9月
和歌山県有田郡吉備町野田に本社、本社工場を移設。
昭和54年10月
本社工場が“金属板製18リットル缶”のJIS工場に認定される。
昭和55年6月
東京連絡所を東京営業所に改称。
昭和56年11月
優良申告法人に認定される。
昭和57年9月
代表取締役社長に長尾益男が就任。
昭和62年5月
千葉工場にペール缶および4リットル角缶製造設備を設置。
平成2年5月
本社工場が18リットル缶のKHK確認工場に指定される。
平成2年7月
千葉工場が“鋼製ドラム缶”のUN規格を取得。
平成2年12月
本社工場が“小型容器鋼製ジェリ缶(18リットル)”のUN規格を取得。
平成3年8月
本社工場がペール缶のKHK確認工場に指定される。
平成8年3月
本社工場が鋼製ドラム缶(ペール缶)のUN規格を取得。
平成8年12月
本社事務所完成。
平成9年4月
代表取締役社長に長尾浩志が就任。
平成9年8月
千葉工場に3リットル角缶製造設備を設置。
平成12年5月
全社ISO9002認証取得。
平成14年5月
全社ISO14001認証取得。
平成14年12月
東京営業所をISO14001登録範囲より外す。
平成15年5月
全社ISO9002からISO9001に移行。
平成22年9月
ラグ式ペール缶のUN規格を取得。
平成23年1月
本社工場に太陽光発電設備を設置。
平成24年2月
千葉工場に太陽光発電設備を設置。
平成24年3月
本社工場隣接地に駐車場用地購入。